MENU
鉄筋探査機、角度計や熱中症対策グッズの通販はりょうざい屋
カートに商品がありません。

現在の中身:0点


ご利用案内
ご購入金額 2万円(税込)以上代引き手数料無料

りょうざい屋オリジナル
「鉄筋探査実践ノウハウ集」を進呈!↓↓

鉄筋探査機へのリンク。コア抜き・はつり前の鉄筋探知 スペーサー
デジタル角度計、デジタル水平器シリーズへのリンク スペーサー
塗装膜厚計へのリンクボタン。塗装の膜厚がワンタッチ測定! スペーサー
サーモグラフィーへのリンク。FLIR 赤外線サーモグラフィー スペーサー
建築物診断支援ツール・リフォーム診断ツールページへのリンク。りょうざい屋の建築物診断支援ツール・リフォーム診断ツール スペーサー
銅繊維「いつも青春!」冬用製品ページ
りょうざい屋のしもやけ対策グッズのバナー スペーサー
りょうざい屋の熱中症対策グッズページ
熱中症対策グッズ、ホレイワールドへのリンク
スペーサー
ホレイベストのプロモーションビデオです!
ホレイベストPVへのリンク
「鈴木太郎、ホレイベストに出会う」 スペーサー

ワンちゃんの熱中症対策!
ホレイベストワンへのリンク スペーサー

スペーサー
PickUp商品
スペーサー


スペーサー
 
 
1 相互リンクの募集
 
 
2 定休日について
 
 
3 【商材募集】 メーカー・卸業者の方へ
 


【事業許認可等】
高度管理医療機器
販売業(第8346号)
特定計量器販売等事業
スペーサー

りょうざい屋の社会貢献・環境取り組み活動について スペーサー
お得なポイント制度開始! 会員登録で300ポイントプレゼント! 1ポイント=1円ですぐにお買い物に御利用頂けます! スペーサー

りょうざい屋は Yahooショッピングにも出店しています!以下のバナーよりどうぞ!
りょうざい屋Yahoo店バナー

騒音って?

音とは「大気の微小な圧力の変化が音速で伝わる」という物理現象です。
音の基本的な性質は、音の強さを表すdB(デシベル)と音の高低を表すHz(ヘルツ)によって決まります。
人間は、一般に20〜20,000Hzの音を聞くことができるといわれています。
これらの音のなかで人が 『不快に感じる音が騒音』 です。


騒音レベルについて

騒音レベルとは、人の聴覚特性に近似した周波数補正(周波数重み付け特性"A")で重み付けし、レベル化した音圧の値です。単位にはデシベル(dB)が使われます。

120デシベル 飛行機のエンジン近く
110デシベル 自動車のクラクション(前方2m), ヘリコプターのそば
100デシベル 電車が通る時のガード下
90デシベル 犬の鳴き声(正面5m), 騒々しい工場の中, カラオケ
80デシベル 地下鉄の車内, ピアノの音
70デシベル 掃除機, 騒々しい街頭
60デシベル 普通の会話, チャイム
50デシベル 静かな事務所, エアコン屋外機
40デシベル 深夜の街, 図書館, 静かな住宅地
30デシベル 深夜の郊外, ささやき声
20デシベル 木の葉のふれあう音, 蛍光灯


騒音の環境基準

騒音の環境基準は、おおよそ以下のようになっています。

地域の類型 昼間 夜間
特に静穏を必要とする地域(療養所等) 50デシベル以下 40デシベル以下
住居用地域 55デシベル以下 45デシベル以下
住居および商・工業地域 60デシベル以下 50デシベル以下
2車線以上の道路に面する住宅専用地域 60デシベル以下 55デシベル以下
2車線以上の道路に面する住宅・商工業地域 65デシベル以下 60デシベル以下
幹線道路に近接する地域 70デシベル以下 65デシベル以下
※ 昼間:6時〜22時  夜間:22時〜6時


騒音の測定点

環境騒音の測定を行なう場合、測定に適した測定点を選ぶ必要があります。

○ 屋外
一般の環境騒音を測定する場合には、建物などの反射物からなるべく 3.5 m 以上離れ、地上 1.2 m 〜 1.5 m の高さとします。ただし、建物などから 3.5 m 以上離れた位置に測定点を選ぶことが不可能な場合には、反射物からできるだけ離れた位置で測定を行なうのが望ましいとされています。やむを得ず建物などの近くで測定を行なう場合には測定条件としてその旨を明記しておく必要があります。
○ 建物の周囲
建物に対する外部騒音の影響を調べる場合には、建物の外壁などから 1 m 〜 2 m 離れ、建物の問題となる階の床レベルから 1.2 m 〜 1.5 m の高さに測定点を選びます。
○ 建物の内部
建物の内部における騒音レベルを測定する場合は、壁などの反射面から 1 m 以上離れた位置で、また窓などの開口部では 1.5 m 離れた位置床上 1.2 m 〜 1.5 m の高さに選びます。この場合、室内の音場は一般に極めて複雑になっているので、一点だけでなく数点の位置で測定し、その平均(算術平均またはパワー平均)を求めることが望まれています。