鉄筋探査機とは?

「鉄筋」を「探査」する「機器」。そもそも鉄筋探査機って何?


鉄筋探査機と鉄筋探査作業員の画像

鉄筋探査機とは

鉄筋探査機はコンクリートの構造物や、ブロック塀などの鉄筋位置やかぶり厚などを測定する機器です。
コア抜きや穴あけ作業、はつり作業前に探査を行うことで誤って鉄筋を切ってしまうことを防ぐこともできます。
昨今の地震によるブロック塀倒壊の被害などで「ブロック塀に鉄筋が適正に使用されているか」が話題となりました。
今現在でも古いブロック塀などは存在しており、所有者による鉄筋有無のチェック、改修、撤去などが行われています。

鉄筋探査機の種類

鉄筋探査機の主な探査方式は「電磁波レーダー方式」、「電磁誘導方式」です。
機器内の液晶にわかりやすく表示されるタイプもあれば、ランプで知らせるだけのタイプもあります。
探査できる深さも80mmまでのものもあれば500mmまで探査できるタイプの機種もございます。
探査結果も見易さ、探知深さなどに比例する形で製品の価格も高くなります。

鉄筋探査機の選び方

測定対象や埋設されていると思われる場所と、探査方式「電磁波レーダー方式」、「電磁誘導方式」から選びます。

埋設物の場所が深い場所と想定される場合

  • 深い位置まで探査が可能な電磁波レーダー方式

埋設物の場所が浅い場所と想定される場合

  • 探知できる範囲は狭いが高精度な電磁誘導方式

ちなみに弊社で取り扱っている 鉄筋探査機「Zircon MT-6 EX」は、メーカーが正式に公表しておりませんが、測定手順や測定深さ、精度などから主に電磁誘導式で動作していると考えられます。

鉄筋探査機 Zircon MT-6。コンクリート・鉄筋探査機。分厚いコンクリート壁内の鉄筋を素早く探知。鉄と鉄以外の金属を区別して、標的までの深さを表示(15cmまで)